熱帯&温帯睡蓮開花と安価プランタービオ

熱帯スイレンと温帯スイレン最近の開花写真です。

Rimg1413
熱帯スイレン ティナ Nymphaea Tina


 

Rimg1422
熱帯スイレン アイラモラーダ(イスラモラーダ) Nymphaea Islamorada


 

Rimg1403
温帯スイレン ブラッシングブライド Nymphaea Blushing Bride


さて、以前安いプランターでメダカビオトープ(っぽいもの)という記事を書きましたが現在こんな感じです。

 

Rimg1448

Rimg1451

Rimg1454
プランター右側にナガバオモダカを数株植え、苔付き流木でレイアウトしています。
生き物はメダカにカワニナ、ミナミヌマエビが暮らしています(^^)

まだシンプル過ぎる気がするんでもうちょっと植物を増やしてもいいかな?
考え方次第で色んなレイアウトだって楽しめますよ~。
置き場所さえあれば違うテーマで作ったオリジナルビオトープを並べるなんていうことも!

皆さんも是非やってみてくださいね。
ささやかな癒しのメダカビオトープを覗くのも最高ですよ!

Rimg1452

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
↑ポチッとして下さると嬉しいです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
↑こちらもよろしくお願いします。

| | コメント (13)

安いプランターでメダカビオトープ(っぽいもの)

少し間が空きましたが気を取り直して行きたいと思います。
休んでる間にランキングクリックしてくれた方々には本当に有難く思います(ぺこり)

というわけでタイトルの通りです。
これから屋外でメダカを飼育してみようと考えている方や
前々回の記事の飼育環境を整えたいと思ってる方向けですので既にこの方法で飼育されている方は読み飛ばして下さい。(大した事は書けませんので・・)
全くの初心者にでも分かりやすいように説明してみたいと思います。

では早速、メダカを買ってくる、貰ってくる、採ってくる前に用意する物です。
まずは容器となるプランターです。
お近くのホームセンターにもきっとあると思います。

Rimg0493
大体200円弱で買えるはずです。
こちらのプランターを見つけすぐ買う前に必ずご確認をしていただきたいのですが。

Rimg0495
プランターの中の鉢底ネットに水抜き穴を塞ぐ栓が付いているか。
上の写真にプラモデルのパーツのように栓が付属されてあるものを選びます。
このように水抜き穴を塞ぐ栓が付属されてることを確かめましたら、
鉢底ネットを取ってみて穴が開いてるかを確認します。

Rimg0494
このように側面一箇所に穴が開いています。
この時の注意点ですが、上の写真では底面より少し離れた側面に穴が開いていますが、
底面すれすれの所に穴が開いているタイプのプランターもあります。
出来れば写真のように底面より少し上に水抜き穴が開いている物が良いと思います。
理由はあとで説明します。

さて次に、ビオトープでの飼育をしようと考えている方は底に敷く赤玉土です。
(底に何も敷かない方はスルーしてください)

Rimg0499
こちらも色々な種類があるかと思いますが、特にこだわりがなければ安いので良いと思います。
鹿沼土を使用したこともありますが、水面にキラキラした油膜(?)が張ったり、鹿沼土自体がたくさん浮いてきたりといまいちな結果だったのでお勧めはしません。
写真の赤玉土は14ℓの物ですが、このプランターであればもっと少ないのがきっと売ってあるので、そちらで十分かと思います。

さて、上記のプランターと赤玉土をゲットしましたら早速設置していきます。

Rimg0497
まずはプランターから鉢底ネットを取り出して水抜き穴を塞ぐ栓を切り離します。

Rimg0498
切り離した栓を内側からはめ込みます。
先ほど底面すれすれに水抜き穴が開いているプランターだと、このように内側から栓をはめ込むことが出来ません。
以前底面すれすれの方のプランターを設置しようと内側からはめ込もうとしても無理でして・・。
どうにかはめ込んでやろうと栓のつっかえる部分をカットして内側から力いっぱいねじ込んでみたら大破しました(苦笑)

上記まで出来ましたら次は赤玉土を水で軽くすすいでからプランターへ入れます。

Rimg0501
我が家ではプランターの窪みが隠れるくらいの所まで赤玉土を敷きます。
4~5cmくらいでしょうか。

ここまで出来ましたら、プランター設置場所に配置して水道水を入れていきます。

Rimg0670
水を入れた直後。

Rimg0671
赤玉土を敷いて水を張ると大抵このように何かしら浮いてきます。
水をあふれ出るほど入れて浮いてきたゴミごと溢れさせるか、網か何かで掬って取り除いてください。


とりあえずこれで数日放置。
ちなみに我が家では大体3日くらい放置してます。(ちょっと早いかな??)

Rimg0677
翌日か2日後にはこのように水も澄んでくると思います。

ここまで用意してからメダカや植物を入手し一緒に入れるだけです。
(メダカ投入時には水温合わせを忘れずに。心配であれば水合わせも慎重に)

Rimg0703
完成。
写真では白メダカとマツモが入ってますが、マツモがどんどん溶けてきました(苦笑)
定番のアナカリス(オオカナダモ)やホテイアオイがオススメです。

考え方次第では色んなレイアウトだって楽しめるはずですし、低価格で立ち上げられるので是非やってみてくださいね。
花を植えたプランターと並べて置くのも良いかもしれませんね~。
ちなみにこれは我が家のビオトープ(っぽいもの)設置例ですので参考程度に見ていただけると幸いです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
↑ポチッとして下さると嬉しいです。

 

| | コメント (6)