那智黒石の底床

毎日ニッカポッカの工事現場のおっさんしてますが。
今の工事現場で監督が携帯してる無線からガードマンのやり取りがよく聞こえてきます。
ガードマンが休憩にはいる時、時差信号機へと切り替えてからのやりとりがおもろかった。

ガードマンA「Bさん、今そっち何分になってる?」

ガードマンB「了解で~す」

ガードマンA「了解ちゃうわアホ!お前話聞かんと返事してんちゃうぞ!!信号機なんぼになってるかきいてんじゃボケ~!!」

自分を含めた作業員みんな大爆笑。
その日いちにち質問には「了解」で答える楽しい職場となりました。
ガードマンには合図確認を徹底して安全に一般車両を誘導していただきたいなと切に願いました。

そんな事はどうでも良くて底床です。
以前、地元の那智黒石屋さんちの飲み会に招かれて、那智黒石でメダカの底床が出来ないだろうかという話を酔っぱらいながら熱く語ったのです。

あれから数か月経ちましたが、それを覚えてくださってたようで我が家へと先日届けて下さいました。本当に感謝です!

Rimg2341

こちらが届けて下さったままの那智黒石の底床です。

Rimg2343

ちゃんと磨いてカドをとってくれています。
これならメダカも安心でしょう(^^)

Rimg2344

どうですかこの黒さ!
これを底に敷けばブチメダカなら保護色機能により斑模様がハッキリすること間違いなしですよね(^^)

そしてこの那智黒石を水に漬けてみました。

Rimg2351

か、かっこええーーー!!
素材自体が良いし、職人の手によって加工されてあるもんだから文句なし!

Rimg2349

写真では室内照明でテカっちゃってますが、実際は漆黒でほんとなめらかって感じっすね。
まだ時間がなくてセットできてませんが、暇を見てセッティングしてみます(^^)

| | コメント (4)

増えすぎたモスでモスマットを作ってみた

先日、タイトルの通り増えすぎたモスをどうしようか悩んだ挙句、
今必要ではないけれどモスマットを作ってみました。
ちなみにモスと言ってもモスバーガーではなくウィローモスの事です。
特にちびっこは間違えないように!(ちびっこは見ていないだろうけれど・・)

とりあえず用意した物
Rimg0349
鉢底ネット(左)結束バンド(真ん中)大磯砂(右上)ウィローモス(右下)
左と真ん中は百均にて購入し、大磯は水槽から適当に。
大磯とモスの入っているプラ箱はこの中で作業する為に用意しました。
テーブルのキティーちゃんは自分の趣味ではないです。
(特にちびっこは勘違いしないように注意!)

で、まずは鉢底ネットを一枚取り出しアターッ!と半分に折ります。
Rimg0350
実際は真顔で静かに作業をしました。アターッ!なんて奇声はあげたりしません。
(特にちびっこは間違っても奇声あげたりしちゃダメ!!家族がビックリしちゃうぞ!)
きちんと端を合わせてパキンと折り、ハサミで淵を適当に切り落とします。

二つになった鉢底ネットを重ね合わせ片側を結束バンドで止めます。
Rimg0351
キチンと結べている事を確認して開きます。
(もう既にちびっこネタも飽きてます)

Rimg0352
バッチリ。
ここで大磯砂を片側の鉢底ネットに乗せます。

Rimg0353
水槽に入れたとき沈めばいいので適当に片面に敷き詰めます。

その上にウィローモスを千切って乗せていきます。
Rimg0355
量は適当。

あとはもう片方を閉じるように重ね
Rimg0356
結束バンドでとめていきます。

Rimg0357
右側と上側、下側もキッチリ止めます。

Rimg0358
ちゃんと結べている事を確認し結束バンドの余分な部分をハサミで切り落とします。

Rimg0359
完成。
本来はネットの上にモスを乗せて糸で巻くみたいですが、
糸で巻くのが面倒だったのでネットで挟み込んでみました。

最後に水槽へドボン。
Rimg0360
また経過報告します。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
↑ポチッとして下さると嬉しいです。

| | コメント (10)

ブチメダカ容器の様子

今夜から明日にかけて大雨が降るとのこと。今は小雨ですが先程まで凄い豪雨でした。
今日もロクにメダカ観察も出来ず、そして明日も期待できません。仕事も休みになるかもです。

Dsc04061 ブチメダカ容器です。今朝、雨の中 傘をさして見ていると1匹が卵を抱えていました。しかしまた雨。あまり採卵は出来なさそう。

Dsc04064 那智黒石に活着させた苔ですが、範囲はそれほど拡大していませんが、ボリュームは以前と比べてかなりアップしました。手っ取り早く苔を採取してくれば範囲を拡大させるのも簡単なのですが・・・。水面に浸った苔が水を吸い全体に行き渡っています。

Dsc04062 ウォーターマッシュルーム。やはり成長が早いです。8月末にはジャングルになってるかな?

Dsc04059 現在は餌場の浅瀬として大活躍。

Dsc04065 黒い那智黒石を敷いていると糞がとても目立ちますが、最近はマメにスポイトで吸っているので結構綺麗です。楊貴妃とのカップルですっかり色が茶色になってしまった1匹ですが、相変わらず茶色のままです。

Dsc04057

| | コメント (2) | トラックバック (0)

星と開花と間引きと引き取り

今朝、いつものように餌やりをしていると・・またもや幹之が1匹星になっているのを発見しました。
まさかと思い掬い上げ確認してみるとやはり点光でした。涙
もしかして幹之と相性悪いのかな・・汗

気を取り直して。今日も咲いていました。
Dsc03932

Dsc03933 やはり睡蓮の香りは良いですね~。ガガブタも綺麗!

花を楽しむのも程々にし、昼過ぎにちょっと買出しにでかけました。
帰宅してから増えた水生植物たちを間引きました。心を鬼にして。
Dsc03936 結構ありました。汗
キングタライやその他の容器もすっきり。メダカ観察もしやすくなりました。
Dsc03938

Dsc03937 ガガブタは蕾のついていない葉だけを1枚カット。あんまりかわらない・・・。
さて上のタライの写真で気付いた方もいるかもしれませんが、ウォーターバコパを移動させたのです。
何処にか、というのも昨日ブチメダカ容器の掃除を終えてすぐ出かけたわけですが、以前記事にもした事のある身内が、訳あってメダカ飼育が出来なくなり、ヒメダカ数十匹と容器一式を引き取ることになったのです。ウォーターバコパはそのプラ舟へと移しました。
今日買出しに行ったのも水生植物を直に植えていたので鉢を購入するためでした。

早速鉢に植え替えて水を張りました。今回は底に何も敷かない事にしました。
Dsc03934 真ん中と左下が植え替えたもの。たぶんアサザ。真ん中のアサザに蕾がついていました。
Dsc03935 白いアサザかな?ちょっと楽しみ。

さて買出しで鉢以外にも買ってきました。
Dsc03946 1000円弱だったので思わず購入。選別用にでもしようかな~と。
続いてはこちら。
Dsc03940 鷺草(さぎそう)銀河
Dsc03942 水を切らさないように栽培せよとのこと。浅く浅く浸けるためにブロックで調整してみました。
Dsc03945 こんなやり方で良いのか・・・汗
調子が悪くなりそうだったらまた考えることにしよう・・・。でもちょっと楽しみ。

さて明日からまた仕事か~。がんばろ~!お~・・・。
Dsc03939

| | コメント (11) | トラックバック (0)

増設と肥料と大粒

三日ぶりの更新となりました。
先日、プラ船の追加で楊貴妃とブチメダカ水槽の隣に新しく埋めてみましたが、どういうレイアウトにするかというのが全く浮かばないまま、とりあえず水を張ってヒメコウホネとホテイアオイをいれただけです。んー、どうしようかな。
Dsc03333
一番奥が新しく埋めたプラ舟です。
とりあえず保留状態。テーマが定まらないなぁ・・・(汗)

以前、鉢に植えたウォーターバコパですが、調子も良さそう。これに肥料を与えたらヤバそうなのでそのまま。
Dsc03336
先程気付いたのですが、ウォーターバコパの葉に紛れて違う植物が生えていました。
Dsc03337
どう見ても違う植物な気がするんですが・・・。茎の色も葉の形状も違うし、なんだか蕾のようなものも・・・。なんだろう・・?

こないだ買ってきた肥料を早速、蓮、ガガブタ、スイレンに施しました。
まずは茶碗蓮。
Dsc03335
とりあえず肥料を埋めてから二日経つのですが、新しい葉がニョキニョキ伸びてきてるけど、これが肥料の効果なのかというのは分かりません(汗)
次はガガブタ。
Dsc03338
下のチビのいたずらの避難場所としてキングタライに入れてあったのですが、このタライの場所移動のついでにガガブタを戻しました。ついでに底床を赤玉土の小粒から大粒に変更。
肥料のおかげか、ガガブタの葉が過去最高の7枚になりました。この調子で更に増えて花も咲かせてほしいなー。
次はキングタライのスイレン。
Dsc03340
こちらも肥料のおかげか葉も増えてきたように思いますがどうでしょう。すぐすぐ肥料って効くものなのかすらサッパリわからないのですが、何か利いてるような気がしてなりません。もう一つのスイレンは葉が5枚以上増えた事がないのでこっちと比較してみようと思い、もう一つには肥料は与えていません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤玉土と撥水性の蓮

生憎の雨でメダカ観察もあまり出来ず、室内にも水槽が欲しいなぁと思う今日この頃。
そういえば赤玉土ですが、いつも小粒を使っていますが、日が経つと結構こまかくなってしまいます。
水生植物を赤玉土に直に植えないのであれば大粒でも問題ないのではなかろうか?と思い大粒を購入して試験的にプランター水槽に使用してみました。どうせ細かくはなるだろうけど、大粒のほうが掃除する時に楽かなと思いまして。あまり掃除はしないんですけどね・・(汗)
Dsc03279
見た目にも悪くないと思うんですがどうでしょう。
Dsc03280
濁っててよくわかりませんね(汗)暫くは様子見です。

Dsc03273
枯れた葉をハサミで切りました。スイレンと違って蓮は撥水性で葉や茎が水を弾きます。
Dsc03275
葉の上に雫が乗ってて良い感じです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

メダカ飼育環境

我が家のメダカの飼育環境を紹介します。

Dsc02964_6
家に置いてあったタライです。
ここには譲って頂いたメダカを、ごちゃまぜに入れて飼育しています。
底砂にはホームセンターで購入した安価な赤玉土の小粒を使用しています。
タライの真ん中にはガガブタを直接植えています。
浮き草はアマゾンフロッグピット一株とアナカリス、カボンバを適当に入れてあります。
左側に以前ホームセンターで購入したシェルターを入れています。

現状ではあまり手をかけず飼育しています。先日、雨が降った翌朝2匹のメダカが星になってしまいました・・。

Dsc02966
こちらはホームセンターで購入した400円程度のトロ箱。どちらも底砂は赤玉土です。

左は楊貴妃メダカの卵専用ですが今のところ無精卵ばかり・・ひとつだけ目が見える程度の卵がアナカリスについています。

右は、メダカ本舗さんで買ったブチメダカ達です。
この水槽に入れたばかりの時はブチがあまり目立たず「なんじゃこら」状態だったんですが、
保護色のことを思い出し、那智黒石でレイアウトすると日に日にブチが濃くなりました!
今いるメダカでは一番のお気に入りです。
このブチメダカ達の食欲はすごいし見ていて飽きません。
卵もポコポコつけているのですが、先日一歳の息子に採卵したものをすべてぐちゃぐちゃにされました。トホホ・・
我が家では猫や鳥よりも下のチビが一番の脅威です(汗

水草はアナカリス、カボンバ、アマゾンフロッグピット、ホテイアオイ、
そして近所の川で採取したコケに花が咲いたものを那智黒石の上に乗せているだけです(汗
うまくいけば那智黒石にひっつくのではと期待していますが、いやはや・・

Dsc02967
こちらもホームセンターで売っている安価なプランターです。
プランターの中に入っている黒い網(?)に穴を塞ぐ栓がついていて、それを内側から穴に差し込んで塞いでいます。
左にはメダカ本舗さんで購入したカラーメダカ光が入っています。
水草はホテイアオイと池で採取した水草を植えています。
底砂は赤玉土です。

真ん中は「メダカハウス」さんで購入した楊貴妃メダカが入っています。
一匹だけ楊貴妃とわかる綺麗な朱色がいますが、残りはまだ色が出ていません。
初心者ながら大丈夫なのかとちょっと心配です・・。早く綺麗になってほしいもんです・・。
だって今のところヒメダカと変わらないわけで・・・。
底砂は赤玉土、水草はアマゾンフロッグピット、アナカリス、ホテイアオイが入っています。

右は赤玉土とアナカリス、カボンバ、ホテイアオイ。
主に卵がついた水草を入れています。現在10個程。
アカムシなのかイトメなのか不明だけど、何故かこの水槽にわいていて、ちょくちょくメダカにあげています。

Dsc02965
こちらは2500円くらいで購入したキングタライというものです。
最初に買ったのがコレなのですが、今いろいろ考えている途中でメダカは入っていません。
真ん中にスイレンが植えています。赤玉土に腐葉土を混ぜ手で練って泥状にして、繊維で出来たような鉢(?)に押し込めて植えてあります。うまく説明できない・・。
ほぼ枯れかかったような状態だったスイレンですが、葉が2つニョキニョキと伸びてきています。
その上から赤玉土をのせただけ。右側は川で採取した川砂と石、左は赤玉土を練ったものです。あと川に沈んでいた流木をそのまま入れています。
底に変化をつけようとしたのですが仕上がりは微妙です・・;
浮き草はとある池で採取したものですが、どうもホテイアオイに見えるんですが、ホームセンターで購入したものよりかなり大きいので違う種類なんでしょうか・・?

Dsc02981
こちらは家にあった水瓶です。
上記と同じ方法でスイレンを沈めたんですが、沈めた時は1枚の葉だけだったのが2枚増えました。
覗き込むともう1枚伸びてきています。
メダカはいませんが、ミジンコっぽいものとボウフラが住んでいます。
これもたまに救ってメダカの餌です。いつかここでもメダカを飼おうかなと思案中。

Dsc02968
こちらはメダカではなく、上の息子が祭りの金魚すくいでとってきたものです。
我が家に来た当初はキングタライに入れていたんですがこちらに引越しました。
見事にグリーンウォーターで鑑賞は厳しいですが元気に泳いでおります。

こんな感じですが、あとメダカを購入したときの発泡スチロールの箱があるんだけど現在は貯水タンクになっています。

さぁてどうしたもんかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)