« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

最近の開花と幹之メダカ

Rimg1458
温帯スイレン タン・クワン Nymphaea.Tan-Khwan

Rimg1502
熱帯スイレン ムーンビーム Nymphaea.Moon Beam

Rimg1577
熱帯スイレン(夜咲き) レッドフレアー Nymphaea.Red Flare

さて、幹之メダカです。
現在5匹で採卵しています。
数が少ないので確実に増やしたく、採卵したら室内水槽にてある程度まで育ててます。
と言っても、産卵床を卵が付いた状態のまま別の容器へと移す採卵法です。
室内水槽が産卵床でいっぱいになるのもアレなので、様子を見つつ屋外プランターとの2段体制です。

室内水槽では透明水で横見なのもあり、成長したらすぐにわかりますが、屋外プランターだとグリーンウォーターで上見なのもあり、選別に時間がかかり必然的に後手に回ってしまってます(^^;

Rimg1511
ある程度成長して生まれたての稚魚が食害にあう恐れのサイズになると屋外水鉢に移してます。
このくらいだと自分は稚魚用の粉末餌と成魚用の餌を両方与えてますが皆さんはどうされてるんでしょうか?

そういえば先日、近所のらんちゅうと鯉を飼ってる方が庭に来てまして、
「うちのマコモの畑にミジンコいっぱいおるから採ってこい」
と言って下さいました。
夜に行って懐中電灯で照らしたらたくさん採れるそうで今度行ってみようと思います。

Rimg1513
鰭にちょっぴり光が乗ってます(^^)

| | コメント (14)

撤退と最近のメダカ

我が家に大事件が起こったということをお伝えしましたが、それのおかげで今期はもう何かを購入するということもままならなくなりそうです。
前から予約していたスイレンが今期最後のお買い物に・・・?
本当はもう2品種程のメダカが欲しかったんですが、仕方ありません。
飼育&栽培スペースも増やすことも厳しく、当面はこの状況でやらねば。
まだその事をお伝えするつもりはありませんが、突っ込みもご勘弁を。
そしてこの記事を最後にランキングからは撤退します。
今迄応援してくださった方には本当に感謝です。
これからは亀のような更新になるかもしれませんが、今後とも宜しくお願いします。

さて、産卵の方も再開した品種が増えました。でも無精卵が多いです・・(汗)
ある程度採ってから異種交配を進めたいところですが、相変わらずちっとも進みませんね~。。
そして肝心の稚魚飼育ですが、ある程度大きくなった固体を別の容器にわけるのをサボってましたら・・
大きくなった固体が生まれたての稚魚をくわえてるのを目撃してしまいました(涙)
まだ大丈夫と思ってましたが、明らかな体格差が出始めたら移していかねば駄目ですね・・・。
改善せねばならない事はまだまだありますね・・・。

画像もありませんが今日はこれまで。

| | コメント (8)

熱帯&温帯睡蓮開花と安価プランタービオ

熱帯スイレンと温帯スイレン最近の開花写真です。

Rimg1413
熱帯スイレン ティナ Nymphaea Tina


 

Rimg1422
熱帯スイレン アイラモラーダ(イスラモラーダ) Nymphaea Islamorada


 

Rimg1403
温帯スイレン ブラッシングブライド Nymphaea Blushing Bride


さて、以前安いプランターでメダカビオトープ(っぽいもの)という記事を書きましたが現在こんな感じです。

 

Rimg1448

Rimg1451

Rimg1454
プランター右側にナガバオモダカを数株植え、苔付き流木でレイアウトしています。
生き物はメダカにカワニナ、ミナミヌマエビが暮らしています(^^)

まだシンプル過ぎる気がするんでもうちょっと植物を増やしてもいいかな?
考え方次第で色んなレイアウトだって楽しめますよ~。
置き場所さえあれば違うテーマで作ったオリジナルビオトープを並べるなんていうことも!

皆さんも是非やってみてくださいね。
ささやかな癒しのメダカビオトープを覗くのも最高ですよ!

Rimg1452

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
↑ポチッとして下さると嬉しいです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
↑こちらもよろしくお願いします。

| | コメント (13)

蛍と異種交配開始

家族で蛍を見に行ってきました。
この地域では有名なホタルのスポットでして、見物に来ていた人も多かったです。
といっても車10数台ほどですが(苦笑)
街灯もない道を歩いていくのですが、行く途中にもたくさんのホタルが・・!!
お目当ての場所まで辿り着くと「天の川(蛍バージョン)」のように幻想的な場所になってました。
今年は一番良い時期に行けたと大満足。
それでは皆様にも写真で楽しんでいただきましょう!!

Rimg1378

Rimg1377

Rimg1376

Rimg1373

どうですか・・・!!
写ってるホタルが少ないでしょ~(涙)
止まってるホタルしか写りませんでした・・・。
いや~何枚撮っても設定いじっても駄目でしたね(遠い目)
真っ黒の写真はたくさん撮れたんですけど・・・。
あれは写真に残したかったなぁ~。。。

さてさて、メダカですが産卵が始まった品種も増えてきました。
各品種とも系統維持、自分好みの色合いを目指すのは勿論進めていくつもり。
しかし既に自分の頭の中は異種交配でいっぱい・・・。

皆様の中には既に異種交配を始めておられる方も多いかと思いますが、
今シーズンはまずブチメダカの白系と青系を作りたいと思ってます。
もしかしたら黄系も着手できるかな??とも思ったり。
全くの勝手な思い込みですが、黄金や琥珀はブチ遺伝子を残す必要はないかなと思ってます。
というのも、上記2品種を黒い容器で飼育したら目立たないのなんのって!!涙
もちろん我が家で飼育している琥珀と黄金がいまいちな固体だからかもしれません。
が、黒い容器で飼育して地味な品種にブチを乗せたって面白みは皆無じゃないかな??
ただ、乗せた後に透明燐をかけたら化けるなんてこともありうるかもしれませんが・・。
黄金や琥珀って黒味が強いんですかね~???
もう一度言いますがコレは勝手な思い込みです。実際に交配したわけじゃないです。

という感じでまずはブチのバリエーションを増やすぞ!
と、決意を固めるも・・・肝心のブチが産卵止まってるという(苦笑)
こればっかりはどうしようもないんですが、別のを先に異種交配させようということで始めてみました。

以前記事の最後に載せたオレンジテール桜の点目個体がちょうど産卵開始していたのでチャンスとばかりにペアを組ませてみました。
点目は期待してませんが、透明燐が遺伝すれば万歳です。
ここまで書いたら交配相手の品種が何だか当ブログを見てる方なら察しがついてるんじゃないかと思いますが・・・(笑)

とりあえずその予想は裏切ります。
なんでその品種とかけてんの~!?って絶対思うはず(苦笑)
そんなわけで昨日から開始しましたが・・・
今日は産んでなかった(涙)

で、そのメダカですが、何てことない青メダカです。(苦笑)
理由はですね、青の透明燐の実物ってどうなのか気になったんで・・(汗)
はっはっは・・・。(遠い目)
オレンジテール桜(琥珀透明燐)と青だとどんなFが産まれてくるかというのも面白いしポジティブに考えます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
↑ポチッとして下さると嬉しいです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
↑こちらもよろしくお願いします。

| | コメント (6)

幹之メダカとウォーターダイヤ

以前記事にした、自分の影響でスイレン栽培を始めたKですが
9月に式を挙げることになったそうでスピーチか歌うかして欲しいとお願いされました。
まだ返事はしていませんが、スピーチはないわ・・・。
ということで昔からKが結婚したら歌う約束をしていたコブクロの「永遠にともに」を歌おうかなと思ってます。
たぶん弟と歌うことになると思うんだけど、
この曲よく歌うのですが・・Kがいつもハモリ担当だったので自分ハモれません(涙)
ちょっと練習せねばヤバイな~。。。

そんな事はどうでも良くて幹之です。

 Rimg1240

 

Rimg1244

 

Rimg1242

 

Rimg1241
こちらも産んだり産まなかったりで安定しておりません。
この梅雨入りでまた止まってしまう気がしてならないのだけど・・・。
越冬にと室内に入れた幹之もほとんどを星にしてしまいました。
あまり神経質にしすぎるのも良い結果が出ないもんです・・・(遠い目)
今は一応大事をとって屋外と室内の2段体制で稚魚飼育をしておりますが、まだまだ安心出来るほどの数は採れていません。
室内での稚魚飼育は割りと生存率が良いみたいです。それはまたいつか。

さてさて、次はウォーターダイヤです。
去年栽培していたものはキングタライに入れっぱなしにしておりました。
やっぱりという感じで冬を越すことは出来ませんでした。
今年の冬は室内に持ち込むのと、屋外でちょっとした保護をしての越冬に挑もうと考えてます。
で、リベンジということでホームセンターにて再度購入しました。

 

Rimg1269

 

Rimg1270

数日前の写真ですが購入時よりも随分と茂ってきました。
そういえば最近よくこのウォーターダイヤの栽培法を検索されてる方が多いのか、当ブログにも来られてるようですので簡単に説明しておきます。

このウォーターダイヤですが、売られてる時はプカプカと水に浮かべて育てるという風に書いてまして、(自分が去年買ったときはそうでした)
それを真に受けて栽培すると朽ちます。
このウォーターダイヤは抽水植物なので必ず茎の部分を赤玉土などの鉢に植えて栽培してください。
茎が短くても植えてしまえばすぐに伸びて葉を水面へと浮かべます。
これを植えずに浮かべて育てるとどんどんと・・・。
茎を用土に植えることで根を張りますので成長もかなり早いです。
間違っても浮かべて育てることのないように。。。
販売法にかなり問題があると思えてしまうのは自分だけでしょうかね・・?
だって抽水植物なのに茎を切ってパック売りってどういうこと・・?

もしかしたら浮かべただけで元気に成長している方もいるかもしれませんが、調子が悪いと思ったら植えてみてください。

Rimg1246

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
↑ポチッとして下さると嬉しいです。

| | コメント (7)

オレンジテイル桜と緋イエロー桜とオールモストブラック

雨です。
濡れながらも咲くスイレンは趣があって良いものです。

Rimg1272
オールモストブラック開花3日目。
実物に近い色合いで撮れた気がします(苦笑)

さてさて、屋内水槽のメダカは全て屋外へと引っ越しています。
未だ産卵の始まってない品種がほとんどですが、夏本番までに産卵サイズまで成長してくれることを祈るばかり。

Rimg1233
オレンジテイル桜です。
未だ産卵は始まってませんが、もう少し成長すれば始まるんじゃないかと思います。

Rimg1234
右下に写っているのは緋イエロー桜です。
今のところ色はあがってません。何より透けてません(苦笑)
今後の成長に期待するばかりです。
あと上見で気づいたのですが、何だか細いです。
体も細く感じますし、口の辺りが特に細くて尖ったように見えます。

Rimg1236
オレンジテイル桜に戻りまして、ようやく鰓が透けてきました。
半数以上は透明鱗になってませんが、もちろん鰓が透けてきそうな雰囲気はないですね~(汗)

Rimg1239
この真ん中に写っている固体は所々に赤みがついてましてお気に入りの固体です。
もう少し成長したら赤みが強くなるかな~と淡い期待を抱いてます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
↑ポチッとして下さると嬉しいです。

| | コメント (8)

青メダカと開花写真

今更ながら青めだかを増やそうと思ってビオトープっぽいキングタライから青系を集めて採卵することに。
見たところ交雑してるようなのでどんな固体が生まれてくるかちょっと楽しみです。

Rimg0995
ピントが合ってない・・・(遠い目)

ここ数日で、色々開花しています。
今後このブログでは少しだけ紹介することに。
そして新たに作ったブログで花の色んな表情をお伝えしようと思います。
あえて分ける必要があったのかは微妙ですが、試験的にfc2のブログを更新してみて、
気に入れば統合ということも・・??
今のところfc2の方はスイレンブログという事で更新しています。
綺麗な開花写真さえあれば自分のような下手糞な文章は不必要かと思い、
言葉少なく更新していくつもり。興味のある方のみ来てくだされば幸いです。
http://jdouraku.blog130.fc2.com/

では、最近の開花写真をどうぞ。

Rimg0890
アサザ 夕日
アサザの改良品種のようです。
普通のアサザよりも色が濃いみたいですが、普通のアサザを栽培してないので違いは当然わかりません(苦笑)

 

Rimg0982
ヒメコウホネ。

Rimg1020
ヒツジグサ。

 

Rimg0903
品種不明スイレン。

 

Rimg1126
アルバキャンディディッシマ。

 

Rimg1137
オールモストブラック。


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
↑ポチッとして下さると嬉しいです。

| | コメント (12)

ブチ×楊貴妃のF1

選別漏れの容器にて、尾の辺りに赤みが出てる固体を発見。
慌てて掬って親容器に追加しときました。
これがその固体。

Rimg1024

Rimg1025

Rimg1026
やや短めですが、横見で見ると鰭が良い発色。
パッと上から見たときは胴体部分が赤く見えたのでコレハ!?と興奮してしまった(苦笑)
これから一軍で頑張ってもらうことに。

続いてお気に入りの固体。

Rimg1029

Rimg1036
発色もなかなか良くて、ブチ模様のバランスが好き。
尾鰭の黒があと数本入ってたら鼻血ブーだったのに(苦笑)

さて、このブチ×楊貴妃のF1ですが肝心の繁殖はというと・・・ちっとも進んでません。
数匹F2はとれましたが、産卵が止まってました。
しかし昨日、卵をぶら下げた雌を確認したのでこれからたくさん採ります。

ある程度採ったらこの固体を使って異種交配させようかなとも考えてます。
が、固定率も不明なまま異種交配させるのもどうなのか・・・。
累代を重ねて固定率アップを図るのが先決か、欲望のままに違う品種と掛け合わせてみるか迷うところであります。
幹之とかけて赤いブチ幹之・・・
透明鱗とかけて錦・・・・
妄想だけが膨らんでいくばかり(汗)

Rimg1038

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
↑ポチッとして下さると嬉しいです。

| | コメント (12)

ヒメコウホネ開花

ようやく咲いてくれました。
伸びた花芽が水面へと倒れてきたり一時はどうなるかと思いましたが・・・(汗)
天気も今ひとつでしたので、そのまま朽ちていくのでは?などと心配したり。
こういう経験も少しは勉強になったのかも。
今後も色んな経験を積んで水生植物栽培の知識を更に深めていきたい。

さて、では少し前に遡って開花する迄をご覧下さい。

Rimg0893

Rimg0894

Rimg0924

Rimg0925

Rimg0945

Rimg0946

Rimg0948

Rimg0952
う~む、綺麗な開花とはならず少し残念。
いつか綺麗な開花を拝めればいいんですがね~。

そういえば匂いを嗅ぐのを忘れてた・・・。
っていうか、そもそもヒメコウホネに芳香があるのだろうか・・?
なさそう・・・。

Rimg0953


にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
↑ポチッとして下さると嬉しいです。

| | コメント (9)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »