« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

自作モスマットのその後

隣町で行方不明者が。
本日は朝から捜索の応援となりました。
地元消防団と一緒に捜索を一日しましたが、結局発見することは出来ず・・。
初めての消防団での仕事は残念なものとなりました。
明日も引き続き地元消防団には頑張ってもらいたい。そして一刻も早く発見出来ることを願うばかりです。

さてタイトルの通りです。
以前作成した自作モスマットのその後です。

あれから2ヶ月以上が経過しました。
まずは一月前の写真から。

 

Rimg0635

 

 

Rimg0636
結構順調に育ちましたが、美しくないので散髪することに。

 

Rimg0664
短く刈り込みました。

そして現在はこんな感じに・・・

Rimg0843
割と綺麗な絨毯になってると思います。
自分にしては上出来!?

 

Rimg0844

 

 

Rimg0848
レッドラムズホーンとミナミヌマエビが掃除係です(笑)
ただ、ザリガニの餌を投入したら奪い合いしてますね~。

Rimg0851

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
↑ポチッとして下さると嬉しいです。

| | コメント (9)

睡蓮開花

自分の心配をよそに、本日しっかり開花してくれていました。
ちょっと心配性ですかね・・(遠い目)

早速皆さんにも楽しんでいただければと思います。

Rimg0810

Rimg0811

Rimg0812

Rimg0814

Rimg0816

Rimg0817

Rimg0819

Rimg0821

Rimg0823
なかなか上手く撮れたと自分なりに大満足(苦笑)
メダカ飼育をされている皆さんも是非スイレンやその他水生植物を一緒に栽培されることをお勧めします。
室内水槽も良いですが、屋外飼育でのビオトープはまた一味違った喜びが得られる事間違いなしです。

ところで、我が家に大事件が起きました。
予想していなかった事態にちょっと戸惑っています。
落ち着いたらご報告させていただきます。

そういえば本日、ドジョウ養殖の件について進展がありました。
オヤジはやる気満々で養殖業者の方に電話をかけたり本を読んで勉強したりと頑張ってます。
そちらもまたいつか当ブログで記事にしていこうと考えてます。

Rimg0827
今年から育てているブルーデージー。
黄色い蕊と青い花弁が爽やかな美しさ。
それを見てニヤニヤするゴリラ。
そこ!キモイとか言わない!!

Rimg0832

今から急用で出かけます。
記事の先行お許しください。早く帰宅出来ればレスします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
↑ポチッとして下さると嬉しいです。

| | コメント (8)

続蕾

最近、親方の息子(以後「K」)が自分の影響で花に目覚めはじめました。
本日は仕事が早く終わりまして、帰りにホームセンターへ寄り道。
園芸コーナーには似つかわしくないニッカポッカ二人であれこれ見てまわりました。
あ~でもない、こ~でもないと言いながらウロウロしてましたがKは睡蓮に興味津々。
しかしそのホームセンターは品種不明の赤や黄、白といった睡蓮ばかり。
そういえば違うホームセンターに品種のハッキリ(?)した睡蓮売ってた事を教えると、じゃあそっちに行ってみようということに。
そこにはやっぱり何品種かの睡蓮と水生植物が売られていまして、Kは睡蓮を買う気まんまん。
適当な睡蓮鉢と植え付け容器を先に選び、睡蓮を物色です。
初めて栽培するなら花上がりも良くて見た目にも美しく定評のある睡蓮を栽培して欲しいので、マンカラウボンをお勧めしたら、じゃあそれにしようという事で早速レジを済ませてました。
そのホームセンターの睡蓮たちは凄く状態が悪かったのですが、今からでも夏には開花してくれるはず。
状態が悪かったのでと1000円も値引きしてもらい480円(汗)
Kも喜んでましたが、ちょっと羨ましかった(苦笑)
ちなみに自分も水生植物一種と花苗を購入しました。
Kには是非とも自ら育てた植物が開花する喜びを味わってもらいたい!
そろそろ彼女と一緒になるそうでパチンコや飲み屋でお金を落とすよりずっと良い買い物になったはず。
我が家で植え替えをして、ニコニコで帰っていきました。
二、三日後にはメダカをプレゼントする予定。メダカにもハマればええやんかとニヤリと笑うjunでした。フフフ・・・

さてさて、先日お伝えした蕾たちの続報です。

Rimg0800
ヒメコウホネです。
ぐんぐんと伸びてきましたが、どんどん倒れてきてしまいました・・・。

 

Rimg0801
開花したふうでもないのですが・・・、こういうもんなのだろうか・・?
もしかしてこのまま水中に沈むなんてことも・・!?
朝晩の冷え込みや日中の水温があまり上がらないからでしょうか・・(遠い目)

Rimg0806
キングタライの睡蓮です。

 

Rimg0807
こちらもちょっと水中に沈んできてる気がします(汗)
綺麗に咲いてくれないかもしれませんね~・・・。

 

Rimg0802
キボウホウヒルムシロ(ミズサンザシ)です。
最近鳥の落し物が目立ちます(涙)
この水鉢を並べている真上に電線があるので集中砲火状態です。。。
しかし新たな花芽も浮上し、2つ水中にひかえてます。長く楽しめそうな予感がします。

 

Rimg0804
随分と開いてきましたが8分咲きでしょうかね?
日毎に芳香が弱まっている気が・・気のせいかな。。。

Rimg0805

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
↑ポチッとして下さると嬉しいです。

| | コメント (6)

久々のブチメダカ

毎日帰宅後はメダカの餌やり、卵チェックがかかせません。
そしてこの春からはガーデニングも始めましたので栽培している植物への水遣りです。
雑草が生えてこようものなら鬼のような形相になり、アタタタタタタ!!
ではなくて真顔で根っこから引き抜いてます。黙々と。
今、庭がアツイ!!

昨日も帰宅後に庭で作業をしてたら知り合いの方が来てメダカやスイレン、ガーデニング談義。
あれこれ話してたら更に一人増えて盛り上がってました。
皆さんスイレンやメダカに興味津々で日が暮れても話し込んでました。
「開花したら花見で一杯やらなあかんな~」って言ってましたが・・・
絶対水鉢に足突っ込んだりする人がいたり、水鉢の水で焼酎割ったりする人がいそうで嫌だな・・。
そういえば後から来た40代の方に
「それにしても渋い趣味やの~。メダカやスイレン言うたら年寄りみたいでわりゃ全然似合わんの~」
なんて言われてしまいました。
ポジティブに考えたら「年寄りみたいな趣味してるけど見た目は若いネ!!」って事でいいんですよね!?(違)
まぁ確かに~?実年齢よりは若く見えなくもないかな~??(嘘です)

そんな事はどうでも良くてホロ酔いです。じゃなくてブチメダカです。
今日は飲まないでおこう、今日は飲まないでおこうと思いながら5本目です。(発泡酒)
どうせなら生が飲みたい・・・

Rimg0767
現在6匹程しか生存していません。

 

Rimg0763
黒い容器に入れるとブチが強調されていい感じ。

 

Rimg0768
産卵が止まってます(涙)
しかし止まる前に飼育していた容器から何匹か孵化してました。

Rimg0784
今年はどの品種と掛け合わそうかずっと考えてます。
琥珀や黄金と掛け合わせても面白みがないと思うんでそれ以外と掛け合わせてみるかな。
その前に数を増やさねば・・・(遠い目)

Rimg0785


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
↑ポチッとして下さると嬉しいです。

| | コメント (9)

開花と漆黒系孵化

本日は雨のため休み。
強く降ったり弱く降ったりの繰り返しでしたので、作業をしたり休んだり・・。
やっぱり思いのほか進みませんね~。
さて、昨日記事にしたキボウホウヒルムシロ(ミズサンザシ)の続報です。
今朝方ウキウキしながら庭に出てみるとやっぱり・・・!

Rimg0753
開花しておりました。
辺りがほのかに甘い香りが漂っていましたよ~。

そして午後からは更に開いて全開に・・!?

Rimg0755
とはいかず・・・。
中途半端に開ききらず本日はおあずけとなりました(苦笑)

そういえばこの花芽が脱ぎ捨てた帽子が水面にプカプカ浮かんでましたのでレスキューしときました。

Rimg0756
これをかぶって「ピアノ売ってちょ~だ~い」って言いたい・・(アホ)

さてさて、点目漆黒系全作と点目漆黒琥珀の作出セットですが、昨日から続々と孵化しております。

Rimg0757
点目漆黒全作出セットの稚魚たちです。

Rimg0758
黒っぽい固体もいれば薄い色の固体もいます。
さぁ、この中に真っ黒く成長する個体はいるんですかね~。凄く楽しみであります。

そして、

Rimg0759
こちらは点目漆黒琥珀の子供たちです。
こちらの方が黒っぽい固体が多く見えるのは気のせいだろうか・・?
生まれて来いと強く念じるあまりそう見えるだけかも(苦笑)

Rimg0760
たぶん現状で一番黒く見える固体。
きっと成長させてみせるんだ!と大きい鼻の穴を更に大きく広げております。

ところで・・・
グリーンウォーターを別容器に移したら下にとごってしまうのは仕様でしょうか・・?
最近気になって仕方がない現象の一つであります。(遠い目)

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
↑ポチッとして下さると嬉しいです。

| | コメント (11)

開花間近?

本日は雨で屋外の作業もあまり出来ず、何かと気分が乗らない一日でした。
そういえばいつだったかの日曜に、近所の方に聞いてきたと他府県にお住まいの女性の方がメダカを見物に来ていたそうです。
自分その日は仕事で不在だったのですが、我が家の飼育設備に驚いていたそうです。(あまり大した事やってませんが・・)
それとメダカを売って欲しいって言ってたらしいのですが、我が家の飼育品種は今年に入って結構増えたのは確かなんですけど、一つ一つの品種の数は少ないですし・・
第一、売るつもりで飼育してないんで断ろうと思ってましたが、嫁いわく赤いブチのメダカが欲しいって言うてたで~と。。。
それって去年異種交配で生まれた楊貴妃とブチの子や~ん!
とちょっと嬉しい気持ちになりました。
が、たぶん親用である楊貴妃×ブチのF1の固体達の事だろうなと思います。
流石に親用は手放せないですよね(汗)
それにF2でガッカリされても困りますし・・・・。
今度また自分がいるときに来ると言ってたらしいですがどうしよう。。。
でもまぁメダカ談義が出来そうでちょっと楽しみではあります。
せっかく他府県から来るんで選別漏れの固体でよければお土産に持って帰ってもらおうかな(汗)

そんな事はどうでも良くて蕾です。
消えそうに~咲きそうな~つ~ぼみが~今年も~ぼ~くを~ま~ってる~♪

誰が音痴やねん。

Rimg0751
お昼過ぎに傘をさして庭に出てみると温帯スイレンの不明種(たぶんローズアレー)の蕾が水面からこんにちわしてました。

Rimg0752
火曜か水曜には開花してくれるかな??

そして

Rimg0750
ヒメコウホネも花芽がぐんぐん伸びてきました。

Rimg0747
開花もすぐそこでしょうか?

あと待ちに待ったアレにも・・・!

Rimg0748
キボウホウヒルムシロ(ミズサンザシ)です。

Rimg0749
キボウホウヒルムシロの花芽って面白い形してますね~!
明日も微妙な天気ですが、キボウホウヒルムシロならもしかして咲いてくれるんじゃないかって大いに期待してます。
追肥をちょくちょくやってたんで割りと成長が早かった気がします。
とにかく楽しみ。

にほんブログ村 花ブログ 水生植物へ
↑ポチッとして下さると嬉しいです。

| | コメント (4)

水切りネットの産卵床

今シーズンは飼育品種もかなり増えまして、育種に異種交配にやる気まんまん。
今月は今いるヒカリメダカのバージョンアップと気になる品種の購入を考えていたのですが、なかなか思うように事が運びません。
彼是考え出したら予定のメダカ以外にも欲しいのが増えてきて考えがまとまりません。
そうこうしてるうちに気持ちで突っ走り過ぎて懐が急激に寒く(遠い目)
来月は熱帯スイレンの購入もせねばならないしで、色々失敗した気がしてます・・・。

さて、今シーズンの課題の一つである「稚魚育成」。
これをまず成功させるためには去年と同じ事をしていては勿論ダメで、
稚魚を育成する前に沢山の卵を採らなければ話になりません。
既に孵化も数種が始まってまして、今日なんかは凄く暖かかったのもあり各孵化容器で生まれたばかりの稚魚が泳いでいました。(残業の為暗がりでの観察なため写真なし)
現在確保してる我が家の産卵床であるホテイアオイも10株程で各親メダカ水槽に入れていて、交換するのもホテイアオイが増殖したらという厳しい状況です。
親メダカが食卵するのか数日入れてあるホテイアオイも卵は少なめ(涙)
そこで少しでも多く食卵から免れるよう産卵床を作りました。

Rimg0741
100均で売っている水切りネットと結束バンドで作成。こちらの産卵床ですが、いつも拝見しているとあるメダカブロガーさんがブログで紹介されていたものです。そのブログの設定か何かでコメントもメールも出来ず。。。

さすがに面識がないので作成法を記事にするのも、URLを貼り付けるのもマズイかなと思いまして完成写真だけに留めておきました。汗

この産卵床ですが作成も簡単で、数日使ってみたのですが結構卵を付けます。
それに材料さえ揃えれば110個も低価格で作る事が出来ます。
つまり毎日取り替えることが出来るので忙しい方にはピッタリ!
朝仕事に行く前にこの産卵床を各水槽にポチャンと投入し、帰宅後卵を産みつけた物を新品と交換です。
自分は産卵床から卵を採取する作業はしないので(奇形が生まれやすい気がするから)重宝してます。
作り方をどうしても知りたい方はブログ村のメダカカテゴリーに参加されているブログをチェックしてみてください。
ヒントは「めだか大好き」です。

*この産卵床を紹介していたブロガー様へ
記事に問題があれば即刻対処しますので言ってくださいね(汗)
勝手に記事にして申し訳ありません。いつも参考にさせていただいてます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
↑ポチッとして下さると嬉しいです。

| | コメント (9)

ハナガガブタ(仮)開花

去年、おとなり和歌山県の某所で「白姫アサザ」として販売されていたものを購入した方から譲り受けたのだけど、ずっと疑問がありました。
というのも、日本で絶滅危惧種に指定されている「ヒメシロアサザ(姫代浅沙)」という植物はあっても、「シロヒメアサザ」は自分の調べたところ存在しないということ。
「ヒメシロ」を間違って「シロヒメ」と表記しているのかと思いヒメシロアサザについて色々調べてみましたが・・・。

で、その問題のヒメシロアサザの開花写真を検索して見てビックリ・・・・。
その花姿は小型のガガブタという感じで、我が家で去年咲いていたものとは全くの別物(汗)

Dsc03919
写真は去年我が家で咲いたガガブタ。


写真に撮っておけば良かったんだけど、殖芽の形状を見て気づいたのがハナガガブタの殖芽であるバナナプラントそのものであるということ。。。

それにヒメシロアサザの特徴はガガブタよりも小型で、花弁のフチにガガブタ程目立たないが毛を持つという事。
我が家の「シロヒメアサザ」はガガブタよりも大きく、そして何よりも毛がないのだ(汗)
あと、浮葉の形状がなんだか丸い・・・。

以上の点を踏まえてハナガガブタではないかという結論に至ったのだけど、実物を見て比較したわけじゃないので絶対そうとは言えません。

この記事を見ている方でハナガガブタ(バナナプラント)を栽培されている方に是非ともジャッジをお願いしたいです。

さて、その問題の我が家の「白姫アサザ」改め「ハナガガブタ(仮)」が本日開花したのでどうぞ御覧下さい。

Rimg0729
右上に一枚だけ見えているのがガガブタの浮葉。
このハナガガブタ(仮)の浮葉のほうが随分と大きいのがお分かりになるかと。

Rimg0730
花弁に毛もない。やっぱりハナガガブタで間違いないと思うんだけども。。。
これはこれで可愛くて清楚な花ですよね。

 

Rimg0731
花芽もまだこんなにたくさんひかえてます。
これから連日開花してくれるはずですが、いかんせん小さくて目立たないのが難点(苦笑)

にほんブログ村 花ブログ 水生植物へ
↑ポチッとして下さると嬉しいです。

| | コメント (5)

スイレンの本

最近雨の日以外の休みがなくて不満たらたら。
当ブログの運営元であるココログにも不満が・・・。
ココログの特性上カテゴリ分けが思うように行かない。
見てくれる方が知りたい情報をもっとわかり易く見つけられるようなブログにしたいんです。
自分もよく検索をして情報収集をするのでカテゴリで細かく区切られていたら凄く嬉しいと思ってたのだけど。
例えばメダカという大きなカテゴリにサブカテゴリ的な表示方法などをとって品種であるとか、飼育設備であるとかを並べればグッと見やすくわかり易くなると思うんだけどな~。
ココログではカテゴリの順番を変更することすら面倒この上ないのだ(涙)
以前はメダカの品種だとかドジョウの品種だとかをカテゴリで分けていたんだけど、順番が滅茶苦茶になって凄く見辛くなってしまい大きくまとめてしまいました。
そして無駄にスペースの開いた改行が気に入らない・・・。
エキサイトやライヴドアのようにタグを設定出来れば多少見やすくなったり・・?
自分の道楽でやってる事をどんどん発信していきたいんだけども(あまり発信できてないけども)
やってる事がどんどん広がっているので更に作りこみたいという欲求が大きくなってきたんです。
デザイン自体は今のシンプルさが気に入ってるんだけど、作り込むにはココログの仕様ではちと苦痛になってきました。
今更引越しというのもアレだけど検討してみようかな~。。。

そんな事はどうでも良くて本です。

Rimg0720
著者はスイレン愛好家の間で聖地と呼ばれている滋賀県の「草津市立水生植物公園みずの森」の園長である城山豊さん。
とある場所にて超オススメと紹介されていたので入手してみました。
ザックリ言うと耐寒性(温帯)スイレンと熱帯スイレンの月ごとの栽培法が詳しく説明されていて、写真付き睡蓮図鑑とかモネだとか色々載ってます。
愛好家様のブログで勉強してる自分としてはちょっとアレ??と思う事も多々あったり、一番知りたかった情報が少し物足りないかなと思ってしまった。
やっぱり某販売店の本も買っとくんだったかな・・(遠い目)
でもかなり参考になる一冊ではあります。

ところで自分、先月よりガーデニングもやってたりします。

Rimg0715
ペチュニアです。
手始めに失敗のしなさそうで簡単な植物でも育ててみるかと、たまたまホームセンターで売っていた苗を買ってきて自分なりに植えつけてみましたが、結構成長してくれて毎日咲いてくれてます。
これに気を良くしたゴリラは次から次へと苗を買っては植えを何度かしてたり。
もちろん仕事から帰って暗がりの中、一人ウホウホ・・じゃなくて黙々と。

Rimg0716
これは一年草なのだけど、今後は多年草か宿根で青い花を咲かせる植物を集めていくつもり。何かオススメがあれば是非教えて下さいね。

近所のおばちゃんとの話もはずみます(苦笑)

にほんブログ村 花ブログ 水生植物へ
↑ポチッとして下さると嬉しいです。

| | コメント (6)

昨日、弟の義父(以後オヤジ)に呼び出されて酒を飲みながら頼まれたのですが・・・。
ドジョウの養殖。。汗
何でもオヤジの実家は、その地区で一番田んぼを所有してるらしく、
その中の一つの田んぼでドジョウの養殖を始めたいとのこと。。。
そしてどんどん規模を大きくして云々。
自分もドジョウは好きなので興味津々ですが、養殖を始めるにあたって色々助けて欲しいらしい。
しかしながらドジョウ飼育はしているものの、初心者丸出しで繁殖すらも未経験でちんぷんかんぷん。
なんでドジョウの養殖に目を付けたかは置いといて、何だったらその田んぼに自分が栽培してる睡蓮も植えればええやん的な事を言われちょっとぐら付いてます。苦笑
自分の密かな野望に少し近づく可能性が見出せたので頑張ってみようかなと安易に考えてみたりしてます。
でもそう簡単な事でないのは察しがついてるんで冷静に考えてみると微妙だなぁ~。

そんな事はどうでも良くて蕾です。

Rimg0706
久々に登場のキングタライです。

Rimg0710
たぶんローズアレイだと思うこの温帯睡蓮から2つの蕾が。
今月末にはまた楽しめそうです。

そして・・・。

Rimg0713

Rimg0711
今期新たに我が家の仲間入りを果たしたオールモストブラックにも花芽が付いていました。
今からワクワク。

さらに・・・。

Rimg0704
ヒメコウホネに・・!

Rimg0705
かわいらしいのが出来てました。
去年はちっとも上手く行かなかったこのヒメコウホネですが、ようやく開花を拝めそうです。
ところでコウホネの花って香りはどうなんでしょうかね・・?

にほんブログ村 花ブログ 水生植物へ
↑ポチッとして下さると嬉しいです。

| | コメント (9)

安いプランターでメダカビオトープ(っぽいもの)

少し間が空きましたが気を取り直して行きたいと思います。
休んでる間にランキングクリックしてくれた方々には本当に有難く思います(ぺこり)

というわけでタイトルの通りです。
これから屋外でメダカを飼育してみようと考えている方や
前々回の記事の飼育環境を整えたいと思ってる方向けですので既にこの方法で飼育されている方は読み飛ばして下さい。(大した事は書けませんので・・)
全くの初心者にでも分かりやすいように説明してみたいと思います。

では早速、メダカを買ってくる、貰ってくる、採ってくる前に用意する物です。
まずは容器となるプランターです。
お近くのホームセンターにもきっとあると思います。

Rimg0493
大体200円弱で買えるはずです。
こちらのプランターを見つけすぐ買う前に必ずご確認をしていただきたいのですが。

Rimg0495
プランターの中の鉢底ネットに水抜き穴を塞ぐ栓が付いているか。
上の写真にプラモデルのパーツのように栓が付属されてあるものを選びます。
このように水抜き穴を塞ぐ栓が付属されてることを確かめましたら、
鉢底ネットを取ってみて穴が開いてるかを確認します。

Rimg0494
このように側面一箇所に穴が開いています。
この時の注意点ですが、上の写真では底面より少し離れた側面に穴が開いていますが、
底面すれすれの所に穴が開いているタイプのプランターもあります。
出来れば写真のように底面より少し上に水抜き穴が開いている物が良いと思います。
理由はあとで説明します。

さて次に、ビオトープでの飼育をしようと考えている方は底に敷く赤玉土です。
(底に何も敷かない方はスルーしてください)

Rimg0499
こちらも色々な種類があるかと思いますが、特にこだわりがなければ安いので良いと思います。
鹿沼土を使用したこともありますが、水面にキラキラした油膜(?)が張ったり、鹿沼土自体がたくさん浮いてきたりといまいちな結果だったのでお勧めはしません。
写真の赤玉土は14ℓの物ですが、このプランターであればもっと少ないのがきっと売ってあるので、そちらで十分かと思います。

さて、上記のプランターと赤玉土をゲットしましたら早速設置していきます。

Rimg0497
まずはプランターから鉢底ネットを取り出して水抜き穴を塞ぐ栓を切り離します。

Rimg0498
切り離した栓を内側からはめ込みます。
先ほど底面すれすれに水抜き穴が開いているプランターだと、このように内側から栓をはめ込むことが出来ません。
以前底面すれすれの方のプランターを設置しようと内側からはめ込もうとしても無理でして・・。
どうにかはめ込んでやろうと栓のつっかえる部分をカットして内側から力いっぱいねじ込んでみたら大破しました(苦笑)

上記まで出来ましたら次は赤玉土を水で軽くすすいでからプランターへ入れます。

Rimg0501
我が家ではプランターの窪みが隠れるくらいの所まで赤玉土を敷きます。
4~5cmくらいでしょうか。

ここまで出来ましたら、プランター設置場所に配置して水道水を入れていきます。

Rimg0670
水を入れた直後。

Rimg0671
赤玉土を敷いて水を張ると大抵このように何かしら浮いてきます。
水をあふれ出るほど入れて浮いてきたゴミごと溢れさせるか、網か何かで掬って取り除いてください。


とりあえずこれで数日放置。
ちなみに我が家では大体3日くらい放置してます。(ちょっと早いかな??)

Rimg0677
翌日か2日後にはこのように水も澄んでくると思います。

ここまで用意してからメダカや植物を入手し一緒に入れるだけです。
(メダカ投入時には水温合わせを忘れずに。心配であれば水合わせも慎重に)

Rimg0703
完成。
写真では白メダカとマツモが入ってますが、マツモがどんどん溶けてきました(苦笑)
定番のアナカリス(オオカナダモ)やホテイアオイがオススメです。

考え方次第では色んなレイアウトだって楽しめるはずですし、低価格で立ち上げられるので是非やってみてくださいね。
花を植えたプランターと並べて置くのも良いかもしれませんね~。
ちなみにこれは我が家のビオトープ(っぽいもの)設置例ですので参考程度に見ていただけると幸いです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
↑ポチッとして下さると嬉しいです。

 

| | コメント (6)

熱帯スイレン越冬失敗

去年から栽培していた熱帯スイレン2品種。
ドウベンとクイーンオブサイヤム。
最近スイレン愛好家様達のブログを拝見していて、休眠から続々と覚めているのを拝見しまして。
本日は休みだったので我が家のもそろそろ動き出しているのではと確認してみたところ・・・
全てのバルブがフニャフニャに・・・(遠い目)
2品種とも、ある程度耐寒性があるとされるムカゴ種なので必ず越冬出来るはずと安易に考えていたのが浅はかでした。涙
1つの品種で4つほどのバルブが出来ていたので我が家の分一つを残し、残りは里子に出そうと考えていましたが・・・。
期待してくださってた方には本当に申し訳ない限りです。
残念で恥ずかしい結果になってしまいましたが、ここで諦めずリベンジするつもりです。
6月には5,6品種程の熱帯スイレンを栽培する予定ですが、
年末からの越冬では確率の高い越冬法を実践してみようと思います。

流石に情けないです・・・。

| | コメント (6)

グリーンウォーターでの飼育に挑戦

ゴールデンウィークいかが過ごされましたでしょうか。
自分もこの日曜から休むことが出来ました。
チビ二人が水疱瘡にかかっていまして何処に行くでもなく・・。
嫁さんの従姉妹が泊まりにきてたくらいで、ゆっくりすることが出来ました。
屋外の準備もほぼ完了しましたが、今月中頃から来月にかけては熱帯スイレンの栽培準備が待っています。

さて今シーズンのメダカ屋外飼育は睡蓮など水生植物とのコラボはメインにやっていくつもりなのですが、繁殖や稚魚の育成に関しては安価プランターや発泡箱に水を張ったのみの飼育法で行くつもりです。もちろん底に赤玉土や大磯砂も敷きません。
今期はたくさんの稚魚を無事成長させるためにも、グリーンウォーターでの飼育を実践してみます。
見る人が見れば劣悪な飼育環境だと捉えられるかもしれませんが、定評のあるグリーンウォーターでの飼育にチャレンジです。
一応、アナカリスやホテイアオイを入れての飼育です。自分はやっぱり少量でも植物を入れないと何だか落ち着きません(苦笑)
さて、上記の飼育法で既に屋外飼育を始めていますが、いい感じにグリーンウォーター化しています。

Rimg0692
現在6品種のメダカを飼育しています。
軒下に設置していますので、雨水の流入もなく我が家では過保護飼育なつもりです。笑
室内のメダカもある程度成長したらこちらにどんどん移していきます。
あと最低4つは設置予定。

Rimg0694
最初に設置したこの2つのプランターは綺麗な緑茶色となってます。
それにしても見てると何だか美味しそう・・(笑)飲めそうな気がしてならない・・・。

Rimg0702
ちらほらと産卵が始まってる点目漆黒系全作出セット達。
孵化が待ち遠しくて仕方ない・・!
早く真っ黒い固体が見たい!!(←見れる気でいます)

グリーンウォーターでの飼育、今のところ調子もかなり良さそうです。
水換えはグリーンウォーターの濃さを見て行おうと思っていますが、足し水だけでもOKなのかな・・?
この飼育法は赤玉土を使用しない分、安上がりでいいですね。
どうせなら今の倍は設置したいところですが・・
自分が確保出来る軒下のこのスペースは、置けても10個まで。
棚を作ればいいだけなんですけど、大工仕事はいまいちやる気が起きない・・。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
↑ポチッとして下さると嬉しいです。

| | コメント (11)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »