« ニムファミクランサ | トップページ | 黄金ヒカリメダカ »

レッドラムズホーン

先日のミクランサと同じく我が家に来たレッドラムズホーンを紹介いたします。
メダカやエビのタンクメイトとして飼育されている方も多いので珍しくも何ともないでしょうが・・・。

Rimg0399
レッドラムズホーン(Indoplanorbis exustus var.
このレッドラムズホーン、雌雄同体で2匹いれば繁殖します。
嫌いな方もおられるかもしれませんが、真っ赤な体に朱色の貝殻が実に美しいです。
水槽で数匹を飼育しているとあちらこちらに卵を産み付けています。
レッドラムズホーン爆殖なんて記事も納得なのですが・・・。
我が家では卵から孵化した稚貝がメダカか親貝の食害に遭っているのかちっとも増えません(涙)
孵化直後に小さい貝があちらこちらで見かける事が出来たと思って成長を楽しみにしていましたが、翌日には一匹も見つけることが出来ません(涙)

という訳で、たまたま見つけたメダカの卵を隔離しているプラケに選別したレッドラムズホーン2匹を入れて繁殖させることに。
選別と言ってもどれも同じに見えたので適当に選んだ2匹の個体なのですが(汗)

Rimg0410
隔離して数日が経過しました。
プラケを覗いてみると、あちらこちらに卵を産み付けています。

Rimg0409
最初に産み付けた卵が孵化直前になれば2匹はカップル解消で隔離終了となります。
果たしてこの作戦が上手くかな?
たくさん増やして水槽中をレッドラムズホーンだらけにしてやるぞー!と意気込んでおります。
嫌いな方にはギャー!!って感じでしょうか(汗)

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
↑ポチッとして下さると嬉しいです。

|

« ニムファミクランサ | トップページ | 黄金ヒカリメダカ »

コメント

こんばんは!
ピンクラムズですか…(汗)
サカマキガイとかタニシならOKなのですが…
爆殖(汗)が頑張って下さい…(汗)

投稿: ことぶき | 2010年3月 6日 (土) 00時31分

レッドラムズ
共食いで減ると思いますよ。
死んだ貝が白くなってうちの水槽が貝塚のようになりつつありますよ(笑

投稿: ニルヴァーシュ | 2010年3月 6日 (土) 08時07分

junさん
うちはカワニナが…(爆)
レッドラムズホーンは綺麗ですよねcoldsweats01
ところでレッドラムズホーンは低水温でも大丈夫なんですか

投稿: とも | 2010年3月 6日 (土) 15時18分

こんばんは~!

家はピンクラムズで~すheart04
作戦は成功すると思われますよ♪
ラムズを綺麗に飼育するにはカルシウムを与えると良いですsnail
母にも娘にも大不評ですsweat02
私はheartです♪

投稿: にゃお | 2010年3月 6日 (土) 21時46分

こんばんは~

この手の貝って1匹でも増えません??
以前、1匹だけ入れてた水槽で卵産んで増えた事がありました。
モノアラガイやサカマキガイは1匹でも増えるのですが~
1匹で繁殖って不気味ですよね(汗
ラムズの稚貝、家でも食害にあってる気はしますよ。
でも、食べてる所を見た事がないので何とも言えませんが。

投稿: メダリスト | 2010年3月 6日 (土) 22時12分

こんばんは~
ラムズたしかにメダカと一緒だとなかなか増えないような~
自分もラムズ単品で飼育したら爆埴しましたよ~
どこかで読んだ記憶ではサカマキ貝よりラムズの稚貝のほうが柔らかくメダカの食害に遭うみたいです。

投稿: とおる | 2010年3月 6日 (土) 23時02分

junさん、こんばんは(#^.^#)

レッドラムズホーン・・・。朱い貝さんなのですね。
ええ~?いっぱい産まれるんですか~?(*_*;アセアセ・・・。ええっと~ええっと~・・・
かわいいけれど・・・ちょっと苦手かもぉぅ・・・。

でもでも・・水槽のお掃除隊は~スペシャリストなんですね~♪
我が家は~石巻貝しかいません・・。あ!増えて欲しくないとんがっているちびっこい貝が~ものすごい勢いで増えています・・・。んもお~・・エイエイ~・・とポイポイ~ですよ・(T_T)/

睡蓮・・クイーンオブサイヤムです・・。ピンクの~かわいい~かわいい~睡蓮。
お名前も素敵だし、チャレンジしてみたいのはこの睡蓮です。

ええ~???子株・・・里子に~?ええ~???いいのですか~?あまあま・・甘々と、とっても甘えたいのですが、枯らしてしまったら・・申し訳なく・・・。(@_@;)
先日、ホームセンターにいったら睡蓮葉まだなくって、入荷したら連絡をもらうことになりました。
どの睡蓮がいいのかな?って聞かれたのですが、ピンク色の~っていったのに・・・junさんのお家の睡蓮の名前が~出てきていなかったような~???

もう一度、ホームセンターの人にも聞いてみます。
いつもありがとうございます(#^.^#)ポチ~♪っと・・・

投稿: aoi | 2010年3月 7日 (日) 00時41分

【ことぶきさんへ】
こんばんは~。
ありゃ、苦手なのですね(汗)
申し訳ないです・・。
ひっそりと増やすことにします(苦笑)

【ニルヴァーシュさんへ】
こんばんは~。
共食いなんですか~(汗)
ラムズの貝塚。。ひぃ~!ですね。。
親ともやっぱり隔離せねば~。。
って、子貝どうしで共食いなんてしませんよね!?

【ともさんへ】
こんばんは~。
カワニナ、知らぬ間に増えてますもんね(苦笑)
レッドラムズホーン寒さにも結構強いらしく、
野生化するのも朝飯前なようですよ(汗)
川で泳いでてこんなのがあちこちに居たらビックリしますよね~(汗)

【にゃおさんへ】
こんばんは~。
にゃおさんのお宅ではピンクラムズホーンなんですね~!
自分も本当はピンクにしようと思ってたのですが、レッドしか売ってませんでした。
色別に飼育するのも面白いかもしれませんね~(笑)
ありがとうございます。作戦成功するといいんですが~。
カルシウム不足だと殻が白化するみたいですね。
逆にそれを利用して殻が真っ白になれば、ホワイトラムズです!って(笑)
生まれてきた貝はレッドだろうけど(汗)

【メダリストさんへ】
こんばんは~。
ちょっと調べてみました。
サカマキモノアラはたまに単性生殖で増えるみたいですね~。
レッドラムズの方調べてみましたが、一匹で増えたという情報はあったんですが、
分ける前に交配していて分けてから産卵したのではないかというものでした。
真相に迫る情報ではなかったのでちょっと気になります。
もしか稚貝が大きくなって増えれば実験してみましょうかね~。
不気味というか、ドラゴンボールのピッコロ大魔王が頭に浮かんできます(苦笑)
とおるさんが書かれているように殻は柔らかいのであるかもしれませんね~。

【とおるさんへ】
こんばんは~。
爆殖したとき、親もそのままでしたか?
ラムズの殻ってほんと柔らかいですもんね。
我が家に来た初日に殻の入り口付近を割ってしまいましたもん(汗)
一応無事だったんですが、取り扱いには要注意ですね~。
女性を扱うかのごとく慎重にせねば!(雑ですけど・・)

【aoiさんへ】
こんばんは~。
あはは・・やっぱり女性は苦手な方が多いのかもしてませんね(苦笑)
掃除スペシャリストというより餌に餌付きやすいですね(汗)
タニシや石巻貝なんて餌付いてるの見たことないですけど、
ドジョウの餌入れたらレッドラムズホーンとメダカとドジョウのバトルが・・(汗)
餌にガッチリ食らいついて離れないのがラムズです(汗)
クインオブサイヤム、ピンクというよりも紫ピンクという感じですね。
枯らせてしまうことはきっとないと思いますよ~。大丈夫。
それにワンシーズンあれば数個はバルブが取れますよ~。
ホームセンターに出回るのは夏前くらいだと思うのでもう暫く待たなきゃいけないかもです。
自分ももらってばっかりだし、ご遠慮なさらずに~(笑)
といっても休眠中ですから生きてたらの話なんですけどね(汗)

投稿: jun | 2010年3月 7日 (日) 01時17分

 
junさん、なんというかウラヤマシイような悩みですね〜。
うちはピンクラムズですがその増えようといったら・・・。
入れているはずのない水鉢や水槽にまで
いつのまにか発生しているのですから。
(たぶん水草に卵がついていたのかと・・・)
増えすぎて里子に出したほどです・・・↓
http://water-biotope.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-1530.html

ご心配なさらないでも間違いなく増えます!
孵化直後は小さすぎて見えないだけですが気が付いたら
ちゃんとミニサイズのをちらほら見かけると思います。
 
つい昨日も室内の熱帯魚水槽に小さいのがいきなり10匹ほど発生していて
なんでこんなところにまで!と激怒したばかりです(笑

投稿: ねこぼーし | 2010年3月 7日 (日) 10時45分

【ねこぼーしさんへ】
おぉ~、もしそうなれば嬉しい悲鳴ですね~!
なるほど、小さくて確認できないだけなんですね(汗)
気が付けばそこらじゅうにワラワラと・・・
意図せずにそういう状況になるとちょっと怖いかもしれませんが・・
飼育し始めたばかりなので結構嬉しいかも。笑
自分もいつか激怒してしまうくらいラムズがおなかいっぱいになればいいな~なんて、素で思ったり(苦笑)

投稿: jun | 2010年3月 8日 (月) 00時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニムファミクランサ | トップページ | 黄金ヒカリメダカ »