« ブチメダカ | トップページ | 新しく迎えた水生植物たち »

続ブチメダカ

昨日のリベンジをしようと帰宅してからデジカメ持ってパシャパシャ撮りましたが~・・・。
ん~ちゃんと撮れな~い!笑

まずは楊貴妃とペアにしていたブチメダカ(雌)
Dsc04371
次はその他のブチメダカ達
Dsc04368

Dsc04375

Dsc04381
ね?結構体色が違うでしょ?
楊貴妃とのペア固体は、那智黒石のブチメダカ容器に戻してから随分経ちますがブチ模様はハッキリと出たけれど、他のブチのような体色にはなりませんでした。
でも今から透明だとか白っぽい容器に移すと保護色機能で体色は変わるんでしょうね~。
固体によって保護色機能の強弱というか個体差がある?
保護色機能が強く変化するのがブチ模様ということなんでしょうか。

とホロ酔いでボーっと考えてる今日この頃です。

|

« ブチメダカ | トップページ | 新しく迎えた水生植物たち »

コメント

junさん、こんばんは!(^^)!
ご無沙汰しました・・・(*_*;アセアセ
更新が止まっていたので~心配していましたよ~・・・って、aoiさん・・・コメントカキカキ出遅れておりますが・・・。

↓ナガレホトケドジョウとタナゴさんたち・・・★になってしまったのですね・・(>_<)残念です。

お~!稚魚さんたち~増えたのですか~?ホッ・・・。

うんうん・・・透明容器に暮らすメダカさんは、体色が薄くなるそうですね。身を守るための手段だそうですね。すごいですよね!

人間も~そうだったら~おんもしろいんだけどお~(@_@;)

今日も~ポチっと~(*^^)vブイブイ

投稿: aoi | 2009年9月 1日 (火) 22時24分

junさん
こんばんは〜paper
ブックマークありがとうございますcoldsweats01

メダカの画像撮るのって結構難しいですよね(*_*)
自分も良く挑戦するんですが中々良いショットが撮れません(>_<)
junさんは上手ですねcoldsweats01
いつも感心して見てるんですよ(笑)
今度テクニック教えて下さい(^O^)/

投稿: とも | 2009年9月 2日 (水) 01時09分

私はメダカを掬って室内での撮影が主ですが junさんのように屋外での撮影が主なら陽が短くなったので帰宅後の撮影って時間との戦いで焦りませんか~?

確かに体色そのものが違いますね~。
私の考えではブチメダカの保護色って体色は変わらず ブチが出るか、出ないかの違いだけだと思っていたのですが・・・考えを改めなければ!

投稿: フッシー | 2009年9月 2日 (水) 20時52分

aoiさんおはようございます。
ご心配おかけして申し訳ありません。汗
また頑張って更新してまいりたいと思いますのでよろしく!

やはり星になると悲しいもんです。自分の勉強不足を痛感してしまいます。

人間も保護色機能があれば面白いですね~!あとスモールアイ人間、ダルマ人間・・・透明肌人間・・・汗

いつも応援ありがとうございます。

投稿: jun | 2009年9月 3日 (木) 09時47分

ともさんおはようございます。
いや~、自分もまだまだです。汗
テクニックなんかはほとんど無いに等しいですよ・・
いろんな角度から撮ったり、ピントを浮き草に合わせてからメダカ撮影したり写真撮るのも悪戦苦闘してますよ~。ほとんどがボツでブログに載せられるのは僅かです。汗
2万円くらいのデジカメに買い換えたいんですが、小遣いの余裕が・・・!涙

投稿: jun | 2009年9月 3日 (木) 09時53分

フッシーさんおはようございます。
仰るとおり時間との戦いで焦りますね・・・。
やはりこれからの時期は屋外だけの撮影ではかなり無理がありますよね。やはり屋内での撮影もやっていかなくちゃ駄目ですね~。

ブチメダカ、体色の変化よりもブチ模様の変化のほうが強いのは確かなんでしょうけど、同じ容器に入れてもこれだけ体色が違うってのも面白いですよね。
しかも子にそれが遺伝されて生まれてきてるのが面白いです。
だって那智黒石容器に入れる前までは完全にヒメダカの体色だったのです。だから生まれてくる子は最初我が家に来たときの体色で生まれてくると思ってました。
まだまだ色んな発見が出来そうですよね!

投稿: jun | 2009年9月 3日 (木) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208988/31197398

この記事へのトラックバック一覧です: 続ブチメダカ:

« ブチメダカ | トップページ | 新しく迎えた水生植物たち »