トップページ | 2009年5月 »

メダカ飼育環境

我が家のメダカの飼育環境を紹介します。

Dsc02964_6
家に置いてあったタライです。
ここには譲って頂いたメダカを、ごちゃまぜに入れて飼育しています。
底砂にはホームセンターで購入した安価な赤玉土の小粒を使用しています。
タライの真ん中にはガガブタを直接植えています。
浮き草はアマゾンフロッグピット一株とアナカリス、カボンバを適当に入れてあります。
左側に以前ホームセンターで購入したシェルターを入れています。

現状ではあまり手をかけず飼育しています。先日、雨が降った翌朝2匹のメダカが星になってしまいました・・。

Dsc02966
こちらはホームセンターで購入した400円程度のトロ箱。どちらも底砂は赤玉土です。

左は楊貴妃メダカの卵専用ですが今のところ無精卵ばかり・・ひとつだけ目が見える程度の卵がアナカリスについています。

右は、メダカ本舗さんで買ったブチメダカ達です。
この水槽に入れたばかりの時はブチがあまり目立たず「なんじゃこら」状態だったんですが、
保護色のことを思い出し、那智黒石でレイアウトすると日に日にブチが濃くなりました!
今いるメダカでは一番のお気に入りです。
このブチメダカ達の食欲はすごいし見ていて飽きません。
卵もポコポコつけているのですが、先日一歳の息子に採卵したものをすべてぐちゃぐちゃにされました。トホホ・・
我が家では猫や鳥よりも下のチビが一番の脅威です(汗

水草はアナカリス、カボンバ、アマゾンフロッグピット、ホテイアオイ、
そして近所の川で採取したコケに花が咲いたものを那智黒石の上に乗せているだけです(汗
うまくいけば那智黒石にひっつくのではと期待していますが、いやはや・・

Dsc02967
こちらもホームセンターで売っている安価なプランターです。
プランターの中に入っている黒い網(?)に穴を塞ぐ栓がついていて、それを内側から穴に差し込んで塞いでいます。
左にはメダカ本舗さんで購入したカラーメダカ光が入っています。
水草はホテイアオイと池で採取した水草を植えています。
底砂は赤玉土です。

真ん中は「メダカハウス」さんで購入した楊貴妃メダカが入っています。
一匹だけ楊貴妃とわかる綺麗な朱色がいますが、残りはまだ色が出ていません。
初心者ながら大丈夫なのかとちょっと心配です・・。早く綺麗になってほしいもんです・・。
だって今のところヒメダカと変わらないわけで・・・。
底砂は赤玉土、水草はアマゾンフロッグピット、アナカリス、ホテイアオイが入っています。

右は赤玉土とアナカリス、カボンバ、ホテイアオイ。
主に卵がついた水草を入れています。現在10個程。
アカムシなのかイトメなのか不明だけど、何故かこの水槽にわいていて、ちょくちょくメダカにあげています。

Dsc02965
こちらは2500円くらいで購入したキングタライというものです。
最初に買ったのがコレなのですが、今いろいろ考えている途中でメダカは入っていません。
真ん中にスイレンが植えています。赤玉土に腐葉土を混ぜ手で練って泥状にして、繊維で出来たような鉢(?)に押し込めて植えてあります。うまく説明できない・・。
ほぼ枯れかかったような状態だったスイレンですが、葉が2つニョキニョキと伸びてきています。
その上から赤玉土をのせただけ。右側は川で採取した川砂と石、左は赤玉土を練ったものです。あと川に沈んでいた流木をそのまま入れています。
底に変化をつけようとしたのですが仕上がりは微妙です・・;
浮き草はとある池で採取したものですが、どうもホテイアオイに見えるんですが、ホームセンターで購入したものよりかなり大きいので違う種類なんでしょうか・・?

Dsc02981
こちらは家にあった水瓶です。
上記と同じ方法でスイレンを沈めたんですが、沈めた時は1枚の葉だけだったのが2枚増えました。
覗き込むともう1枚伸びてきています。
メダカはいませんが、ミジンコっぽいものとボウフラが住んでいます。
これもたまに救ってメダカの餌です。いつかここでもメダカを飼おうかなと思案中。

Dsc02968
こちらはメダカではなく、上の息子が祭りの金魚すくいでとってきたものです。
我が家に来た当初はキングタライに入れていたんですがこちらに引越しました。
見事にグリーンウォーターで鑑賞は厳しいですが元気に泳いでおります。

こんな感じですが、あとメダカを購入したときの発泡スチロールの箱があるんだけど現在は貯水タンクになっています。

さぁてどうしたもんかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初投稿

ふとブログで色んなことを残そうと思いブログを作ってしまった。
三日坊主にならないように更新していこうかなーと思います。
よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年5月 »